イエスとの出会い『武道館の集会で』

1967年秋に武道館を会場に、世界的に有名な伝道者が来日して大きな集会が開かれました。私は友達に誘われて参加していました。集会の終わるころ、讃美歌の合唱の中で、通訳の先生が「イエス・キリストを信じる決心をした人は下の方へ […]

続きを読む
イエスとの出会い『天幕伝道会から教会へ』

終戦から数年後、近くの焼け野原大きなテントが立てられ、キリスト教の集会がありました。興味を覚えて行ってみました。その時のお話しは覚えていませんが『沖に出でよ』という歌が今でも耳の底に残っています。それ以後、熱心に勧められ […]

続きを読む
闘病の中で『今が最高に幸せ』

二度目のガンが見つかったのは73歳の9月であった。再発なのでドキンとした。急きょ紹介状を持ってガンセンターで受診した。「今日、検査をしたから、1週間後に来てください」と言われた。1週間後には「10月3日に入院。手術は10 […]

続きを読む
私と教会『三世代で礼拝へ』

私は母の胎内にいる時から教会に通い育ち、教会の幼稚園で、みことばを聞き、祈り、賛美し、イエス様を信じることがごく自然な事だと思っていました。  小学校に入学して、突然外の世界に放り出され、すべてが新鮮で、世界が広がったよ […]

続きを読む
イエスとの出会い『姉に誘われて』

 姉に誘われて墨田教会に通うようになりました。姉がなぜ教会に行くようになったのかはわかりませんが、一緒に洗礼を受けることになり、大きな安心につながりました。まだ信仰のことはよくわかりませんでしたが、教会は楽しかったです。 […]

続きを読む
苦難にあって『自己中心の生活に挫折して』

キリストを信じるまでの私の前半生は人の世の慣らいの通り、自己中心であり、生きていながら死んでいたようなものであった。苦難はできるだけ避けて、幸せに過ごしたいと努力してきた。しかし、そんなものがあるはずはなかった。行きつく […]

続きを読む
闘病の中で『突然の脳出血』

40歳のある日、突然、脳出血を起し、意識を取り戻したときには右半身マヒと失語症を抱える身になっていました。どれほど泣いたか分かりません。厳しいリハビリの頃、友人を通して教会に導かれました。 実は私は、小学生のころ、家のそ […]

続きを読む
イエスとの出会い『ラジオの福音放送を聞いて』

山深い土地に生まれ育ちました。ラジオを聴くことが楽しみでした。特にキリスト教の「福音放送」にはたいへん慰められました。ラジオ牧師にお手紙を出したり、機関誌に短歌や証しを送りました。 投稿者の方と親しくなり、上京して働くよ […]

続きを読む
私と教会『教会は私の実家』

 生家のすぐそばは教会だった。ごく自然に子供向けの日曜学校に通った。毎週休まずに喜んで通った。特にクリスマスやイースターが楽しかった。両親も止めなかった。成人したので洗礼を受けようとしたとき、意外にも両親は猛反対した。悩 […]

続きを読む
苦難にあって『失望はない』

中学生の時、友人に誘われて初めて教会に行きました。それまではキリスト教について全く興味も関心もありませんでしたが、その時から毎週休まずに礼拝に出席し、まもなく洗礼を受けました。 社会人になり、結婚し、母親になったころ、立 […]

続きを読む